医療脱毛が永久脱毛となるしくみ

医療脱毛が永久脱毛となるしくみ

医療脱毛とは、その名の通り、医療機関によって行なわれる脱毛施術のことを指しています。近年、よく聞く言葉に「永久脱毛」というものがありますが、これは医療脱毛を行っているところでしかできない行為です。使われている機材も、国が認めた安全性の高いものだけを使用しているため、非常に安心だといわれています。つまり、美容エステサロンなどで行なわれている脱毛は、使用されている美容機器も統一されておらず、施術を担当する人も医療従事者ではないため、永久脱毛ではないということになります。
では、医療脱毛が永久脱毛となる仕組みについてですが、医療脱毛ではレーザーによって毛母細胞を直接破壊していくため、新たな体毛が生えてくることはほとんどないといえるでしょう。これが美容エステサロンで行なわれている脱毛と、医療脱毛の違いとなっています。
しかしながら体毛というのは、肌の表面に現れているのはおよそ20パーセント程度となっているため、永久脱毛を行ったあとに、これまで隠れていた体毛が表面に出てくることがあります。その場合でも、定期的に医療脱毛を行っていくことで、最終的にはほとんど新しい体毛が生えてくることがなくなるといわれています。